ギックリ腰の治療



ギックリ腰の治療① 問診


問診でどのような状況でギックリ腰になったのか、どこが痛いのか等をお聞きします。


どこが痛いのか、どの組織が損傷をして炎症が起きているのか、炎症の程度はどれくらいか等を腰の基本動作を診させてもらい徒手検査をさせてもらい分析をさせていただきます。


整形外科の受診が必要な組織損傷なのかどうか等を判断させてもらい適切な治療をご提案させていただきます。



ギックリ腰の治療② 炎症の消失


ギックリ腰の治療で大事なことは損傷してしまった組織の修復を早くして炎症を消失させることです。


ギックリ腰の痛みは炎症による発痛物質による痛みがあるため治療をして一時的に痛みを緩和しても炎症が消失しないと徐々にまた痛くなったり、次の日にまた同じ程度の痛みにもどったりします。


炎症の程度には波はありますが、損傷した組織が修復されるまで炎症は持続します。

損傷した組織の修復を早めるために大事なことは、損傷した組織には負担をかけないようにしながら血流を良くすることです。そのためには身体を固めないことが大事なのでなるべく痛くない範囲で身体を動かして身体が固まることを防ぐことが大事です。


炎症性の痛みは自発痛といって、だまっていても痛いため身体が固まってしまいやすいです。身体が固まると血流が悪くなるため、損傷した組織を修復するための物質が損傷部位に運ばれづらくなります。



ギックリ腰の治療③ 日常生活のアドバイス


当院では腰の血流を良くして組織の修復を早めるために手や指、頭のツボに鍼を刺させてもらい鍼の血流改善効果と鎮痛効果を使って組織の修復を早める治療をいたします。痛みによって固まってしまった筋肉や組織を損傷している組織に負担をかけないように動かして柔軟性を正常な柔軟性に戻す治療をいたします。


痛みにより身体がどんどん固まらないように、日常生活で気を付けることや悪化させないために大事なこと等をアドバイスさせていただきます。ギックリ腰の痛みは非常に強い痛みですが、損傷した組織が修復され炎症が消失すると痛みはなくなります。


損傷している組織によって痛みのある期間は変わってきますが、治療をすることにより組織の修復を早め痛みのある期間を短くすることができます。



ギックリ腰の治療 まとめ


ギックリ腰は痛みも強く普段通り動けなくなるため非常につらい症状です。


痛みが改善されても修復された組織が元の強度や柔軟性にもどるまでに数日かかります。無理をしてしまうと再度ギックリ腰になってしまう可能性があるので注意が必要です。


適切な治療や処置をすることにより治るまでの期間は早くなりますので、我慢はせずに治療をしましょう。